読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のブログ!?

興味のあること語ります

意味がわかると怖い話  聞こえる会話とスイカ  二本立て


・聞こえる会話

夜居酒屋でバイトしてた頃、残業してたらいつもの電車に間に合わなくて、 
途中の寂れた駅までしか帰れなかった時があった。 

その日は給料日前日で全然金なくて、始発出るまで公園で寝てたんだけど、 
寒さで腹壊しちゃってトイレに行ったの。 
そしたら、少しして隣の個室に人が来たんだけど、何か電話しながら入ってきたみたいで話が聴こえた。 
外からは車の音とかするんだけど、トイレの中かなり静かだから、相手側の声も微妙に聴こえたんだ。 
「ん?うん、分かってるって。あはは!あ、ごめんごめん。何?」 
『 ・ ・ なった ・ ・ いつか ・ ・ 』 
「あぁ、そーだなー。大丈夫だって。気にすんなよ。 
え?おう。ぁははっ!やだよ。なんでだよ!ふふ。うん。そーなの?」 
『たしか ・ ・ かけ ・ ・ し ・ ・ 』 
「そうだっけ?おう ・ ・ あー、そうかもしんね。わり!ちょっと待ってて」 
で、トイレから出ようとした時、 
隣から「かさっ、しゅっしゅっ」と言う音と同時に、はっきり相手側の声が聴き取れた。 

急に怖くなり駅まで走って、駅前で震えながらシャッターが開くのを待ってた。 
ただ物凄く気味が悪くて怖かった。 
思い出すとまだ夜が怖い。

【解説】


おかけに【なった】でんわばごうは げんざ【い】 【つか】われておりません
ばんごうをお【たしか】めのうえ お【かけ】なお【し】ください 
→隣りの個室の人物は終始“相手のいない電話”で通話をしている

・スイカ

ある農家では、畑に忍び込んでスイカを食べてしまう奴がいるのに手を焼いていた。 
いい対策はないかと知恵を絞った末、最高のアイデアを思いつき、看板を作って畑に貼り出した。 
翌日スイカ泥棒が畑に来てみると、看板は次のように書いてあった。 
「!!警告!! この畑に、青酸カリ入りのスイカ 1 個あり」 

その翌日、農夫が畑に出てスイカを確認すると、はたして1つも盗られていなかった。 
ただし、看板には次の文句が書き加えられていた。 
「今 は 2 個」

【解説】


泥棒が本当に青酸カリ入りのスイカをいれたか入れていないのかわからないため
生産者は全部廃棄するしかなくなった