読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のブログ!?

興味のあること語ります

意味がわかると怖い話 山の老夫婦


男は登山をしていたが道に迷ってしまった 

どうするかと思案しているとやたら

大きな籠を背負ったお爺さんに出会った 






男「すいません道に迷ってしまったのですが

麓まで案内してくれませんか?」 

爺「いイがんウゃリこ。うヨしトるべタてッテれつニえイ。」 







お爺さんは訛りがひどく何を言ってるか分からなかったが 

笑顔で頷き手招きしていたので言葉が通じたようだった 

お爺さんについて行くと古ぼけた木造の家に着いた 






お爺さんは男を招き入れるとお茶を出した 

男「すいません。お茶まで出してもらって。」 

爺「だンもいクノさビサひ。んサがにいタッぜ。

ルやてッくラかテセらムね。」 







男がお茶を啜っているとお婆さんが帰ってきた 

お婆さんもやたら大きな籠を背負っていた 

男「すいません。お邪魔しています。」 

爺「アば。だダンもいク。」 

婆「イじ。ネだウソまウハついコ。」 

お婆さんもニコニコ笑っている 

どうやら歓迎されたようだ 









そういえばさっきから眠い 

少しくらい寝ても大丈夫だろう 

爺「ナダんウろのヲさカろオノえマお。」 

男は眠りについた





【解説】


会話を逆読み