読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のブログ!?

興味のあること語ります

世にも奇妙な物語 密告ネット ネタバレあらすじ





普段は真面目な生徒の杏。



ある日ネットサーフィン中に

密告ネットという掲示板を見つける。





そこは会員になると、

自分が今持っているポイントを使って普段知ることのできない






同級生や教師の秘密にしている行動や過去の経歴が

見られるというものだった。

最初はただ面白がっているだけの杏。








しかし自分が片思い中の幼馴染の男の子が

彼女に二股をかけられていると知ったことから、

杏は段々とそこで知った秘密を

自分の都合の良いように利用するようになってしまう。








そして自分と仲の良い友達の秘密も

ポイントを稼ぐためにその掲示板に投稿してしまう。








あげくのはてには気に入らない教師が今起こっている

連続殺人の犯人だ、と嘘の投稿までしてしまう。








するとある日、

杏は今まで見なかった自分に対する投稿を発見。








それは同級生の秘密を知るために

杏がゴミ箱漁りをする姿や

「キモい」「暗い」といった中傷の類のものだった。










慌てた杏は今まで貯めたポイントを全て使って自分に

対する投稿を全て読む。

するとポイントがマイナスになったところで画面に、







「規定のポイント数に

満たないので密告ネットを退会してください。

さもなくばあなたの今後の

人生に悪影響を及ぼす恐れがあります」

という警告が現れる。









しかし杏は自分を密告した犯人を見つけるまでは、と退会しない。








誰が犯人なのか、とだんだん疑心暗鬼になる杏。

すると昨日まで仲の良かった友達が一人、

二人と自分を無視するようになった。

最後には一番の親友にも無視されだしてしまう。






困惑した杏は親友を問いただす。







すると親友に、携帯のメールに杏が自分の秘密を密告した、

という内容のメールが届いたので

もうこれ以上今までのような付き合いはできない、

と言われてしまう。










ふと杏が後ろを振り返るとそこには

今まで密告してきた同級生が怖い顔で杏を睨んでいる。

そこから今まで楽しかった学生生活が一変。

杏は陰湿なイジメを受けるようになってしまった。 






暗い気持ちで教室の中、

一人佇んでいる自分に教師が気付き声をかけた。









それは自分が連続殺人事件の犯人だ、

とでたらめの密告をしたあの教師だった。






でたらめの投稿をしたことを謝る主人公に

「いや、それは本当のことなんだよ・・・」

とニヤニヤして紐を持って杏に迫る教師。

場面が変わってあの密告ネットの画面。






画面がスクロールされると一番下に、

「密告ネットはポイントがマイナスになると、

会員のそれまでの投稿を密告します。」

という注意書きがある。






キャスト: 鈴木杏
放送日: 2005年 春の特別編