読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のブログ!?

興味のあること語ります

意味がわかると怖い話 痴漢冤罪

先日、大学へ行くために

通勤ラッシュの満員電車に乗って痴漢してたら、

隣に立ってた女子高生が騒ぎ始めた 





「この人に痴漢されました!!」 

一瞬、俺の事かと思ったが、

どうやら俺の隣にいた40代くらいの

威風堂々とした男性の事らしい。 






俺はその男性が慌てふためくと予想したが、

落ちついて言った 






「私の事か?」





女子高生は「そうよ、絶対触ってたでしょ!!」と言ったが 




男性は冷静に 

「お前みたいな高校生風情がこの私に

罪をかぶせられるのなら、喚くだけ喚け。 

私も抵抗はしないし、

なんなら次の駅で一緒に降りてやる。」 







女子高生は男性の態度に畏縮した様子だ

「良いことを教えといてやる。

私の胸のバッチが見えるか?弁護士バッチだ。 

 これは社会的信頼の証だから、

着けとくだけでお前の戯言なんて

誰も相手しなくなる。」 







さらに男性は続けた 




「言っとくが、私の無実が証明されたら。

お前は私を騙そうとしたことになるからな。 

悪意がなくても名誉棄損になる。

まず、退学は間違いない。」







女子高生は降参した様子で 





「すいませんでした。」と言ったが、

男性は間髪いれず 







「許さん。次の駅で降りろ」と言った 



本当に次の駅で男性は女子高生を下させ去って行った。 




後の結末は知らないけど悲惨になったのは女子高生の方だろう。








【解説】




弁護士が痴漢したのか。それとも女子高生の勘違いなのか。

一行目にさらっと書いてあるが語り手が痴漢の犯人であると自白しているw