読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のブログ!?

興味のあること語ります

わけわからない


俺が公園のベンチに座っていると、

突然知らない女が話しかけてきた。



女はワケのわからないことを俺に言ってくる。

気持ち悪い女だと思い

適当にあしらって帰ろうとしたが、

いきなり俺の妻は死んだとか言いだしたので、

頭にきて怒鳴りつけてやった。








それでも女は俺の後をついてきた。

気味が悪いので早足で帰っていると、

今度は見知らぬ男が話しかけてきた。









いったいなんなんだこいつらはと思ったが、

男のほうは話してみると意外といい奴みたいだった。

男の名前を聞くと、

驚いたことに去年生まれた息子と同じ名前だった。










俺がそのことを伝えると、男は困ったように笑った。

こんな偶然もあるものなのだな。

家に着いたら、妻に話してやろう。

しかし、この男と女は

どこまで着いてくる気なのだろう?










解説








『去年生まれた息子と同じ名前だった。』

『俺がそのことを伝えると、

男は困ったように笑った。』






男は語り手の息子だった。

そのため、反応に困り笑うしかなかった。

『この男と女はどこまで着いてくる気なのだろう?』








着いてくるのも一緒に住んでいるから。









『突然知らない女が話しかけてきた』

『いきなり俺の妻は死んだとか言いだした』





知らない女性が娘であれば「お母さん」と言うはず。

しかし、『俺の妻』と言っていることから、

見知らぬ女性は「お母さん」ではなく、

名前で呼んだ。

つまり、息子の妻。

語り手はおそらく認知症となり、

最近の記憶がなくなり、息子が生まれて

一年までの記憶となっているのだろう。