読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のブログ!?

興味のあること語ります

意味がわかると怖い話 天国の門番







あるところに天国の門があった。

そして、その前に天国の門の門番がいた。

そこにA、B、Cの三人が来た。門番はAにきいた。









門番「何故お前は死んだんだ?」








Aは答えた。










A「私は仕事を終え、

家に帰ると部屋が荒らされており、

奥の部屋で妻が殺害されていました。

そして、ふと、ベランダを見ると、

見知らぬ男がベランダに掴まっており、

こっちの部屋に入ろうとしてきたのです。








私はこいつが犯人だと思い、半狂乱になって、

隣にあったタンスを持ち上げ、

その男にぶつけました。

そしたら、その男はタンスとともに落ちてゆき、

死にました。

その後、妻が死んだショックで自ら命を断ちまた。」







次に門番はBにきいた。







門番「お前は何故死んだんだ?」







Bは答えた。






B「私はとあるマンションの屋上で寝ていたら、

誤って落ちてしまいました。

しかし、奇跡的にすぐ下の階のベランダに

掴まることが出来、そのベランダに入ろうとしたら、

見知らぬ男がすごい形相でタンスを投げつけてきて、

私はタンスとともに落ちてゆき、死にました。」





次に門番はCにきいた。





門番「お前は何故死んだんだ?」





Cは答えた。




C「私はタンスの中に入っていました。」






解説
Aの妻を殺した犯人はC。

CはAの家に入り込み、Aの妻を殺害し、

金目の物を盗んでいたら、Aが帰宅。






慌ててタンスの中に隠れたら、AがBを犯人だと勘違いし、

Cが入っているタンスをBに投げつけた。




CはBとともににタンスに入ったまま落ちてゆき、

そのまま死んだ。