読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のブログ!?

興味のあること語ります

ボルト 「キンシキとモモシキ」ネタバレ感想bolut

■ついにバレた……ッ!!!


ボルトの腕を掴むナルト。


ナルト「『科学忍具(こいつ)』はこの試験では使用禁止のはずだ」

「自らのチャクラを使用しないこの忍具は 新しい忍を育てる中忍試験の趣旨に反してる」


俯くボルト。

ナルト「リー! うずまきボルトは失格だ!」

「勝者は奈良シカダイと訂正してくれ」



科学忍具班のカタスケが動く。

カタスケ「チッ…! バレたか ならこのタイミングで出るしかないな!」


実況『うずまきボルト! 使用禁止忍具による違反行為で失格!』


長十郎(水影)「…やってくれますね……」

黒ツチ(土影)「あぁ~あ……火影の顔に泥を塗るバカ息子とはこの事ね!」


実況『よって勝者改め この葉隠奈良シカダイと訂正します!』


シカダイ「えぇ~~~もうめんどくせェよ…」


サラダ「…ウソ………でしょ……!」


俯くボルトの額当てを取るナルト「お前は」

「忍者失格だ」


「お兄ちゃんどうしたの?」と無邪気に問うヒマワリに、ヒナタは答えに詰まる。


ナルト「行くぞ…まだ試験中だ」

「"説教は後”だってばよ…」


その言葉に反応するボルト。
ナルトの手をはねのけて言う。

「後で…? …説教…!?」

「父ちゃんにホントにそんな時間があンのかよ!?」

「ちゃんと説教されてたら…今! …こんな状況になってねーってばさ!!」


ナルト「……………ボルト………」


そこにやってくるカタスケ「残念ですよ七代目……ボルト君が失格だなんて…」

「できれば優勝した上で発表したかったんですがね…」

カタスケの後ろにはカメラを構えた科学忍具班のスタッフの姿も。


ボルト「お前ら…!」


そのまま会場のスクリーンにライブ映像を流し、科学忍具の宣伝を始めるカタスケ。


カタスケ『お集りの皆さま! ご覧いただけたでしょう このボルト君の素晴らしい活躍ぶりを!』


ダルイ(雷影)「何だァありゃあ…」


ナルト「おいカタスケ!」


ナルトの制止を無視して続けるカタスケ。

『違反行為ゆえ失格にこそなりましたが 彼が見せた我が科学忍具の実力は本物です!』

『この機会に是非…』


とそこで会場にズンッと何かが落下。


ナルト「!?」


土煙の中から現れたのはサスケに角を斬られた大筒木キンシキ。


ナルト「…!」

「ボルト 父ちゃんの後ろに隠れろ」

「早く!」


ざわつく観客「何だ何だァ?」「降ってきたぞ何か…」「おーいどうなってんだァ?」


カタスケ「おいおい何だね君は! 今この場は…」

ナルト「よせ! 近づくな!!」


キンシキが地面に拳を振り下ろすと、強烈な衝撃波がカタスケたちを吹き飛ばしてしまう。

さらにその一撃で会場内に次々にヒビが入る。


ダルイ「おいおいおい…何者だありゃあ」


我愛羅カンクロウ

カンクロウ「…ああ」


さらに柱も崩れ、会場全体がみるみる崩壊していく。


崩れ落ちる天井をパンチ一撃で吹っ飛ばすサクラ。
それをテマリが扇子で外へと吹き飛ばしていく。


テマリ「一体何事なの!?」

サクラ「分かんないけど とにかく皆を非難させなきゃ!」


観客「わぁあ こっちも崩れるぞォオオ」


崩壊する会場を砂で食い止める我愛羅





敵に向かっていこうとするシンキ(磁遁の忍)を止める我愛羅

我愛羅「彼我戦力を誤認するな……お前の敵う相手ではない」

「今は人々の避難を優先するんだ」


シンキ「…………はい 義父上…」


崩壊する会場内に残った観客たちを、忍たちが協力して避難させていく。


ナルト「……!」

ボルト「一体……何がどうなってるんだってばさ!?」


さらにモモシキも登場。






ナルト「ここは危ない…! お前は早く皆の所へ…」

ボルト「!!」


ナルトのすぐ背後に現れたモモシキ。


ボルト「父ちゃん!!」


モモシキの強烈なけりで飛ばされてしまうナルト。


ボルト「…………!!!」


ボルトに興味無さそうに去っていくモモシキ。


客席で観客の避難をさせていたサラダが崩壊に巻き込まれるが、ギリギリのところでサスケが救出。


ミツキ「サスケさん…! …良かった…!」


サラダ「パパ!」

サスケ「…ケガはなさそうだな」


とそこにキンシキが襲い掛かる。


死角から放たれた斧の一撃を避けるサスケ。

サスケ「…よう ずいぶんな挨拶じゃないか」



一方、モモシキに科学忍具で火遁弾を放つボルト。
だが右手の手のひらの輪廻眼で吸収されてしまう。



シカマルが影縛りの術で敵を捕らえるが、術そのものを吸収されてしまう。


"丹"を飲んだモモシキが強大な尾獣玉を繰り出す。





それを九尾チャクラで受け止めるナルト。





ナルト「サスケ…子供たちを頼む!!」

サスケ「…分かった」


ナルト「よし、行くぞクラマ!!! なまってねェだろうな!!!」

クラマ「こっちの台詞だ!」


■ナルト、全開!!!