読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のブログ!?

興味のあること語ります

意味がわかると怖い話  神の力


ある日T氏は、神様から念じることによって、

念じたことが実現する能力を得た。




T氏のあまりにも平凡な人生に

神様が恵んだ最高の能力であった。






夢を見てこの事を知ったT氏であるが、

当然ながらT氏は信じなかった。



「こんな能力を、

俺になんか神様がくれるはずがない。」





しかし、T氏は半信半疑で適当なことを念じると、

それが実現するので信じるしかなくなった。





「驚いたな…。これは素晴らしい能力を手に入れた」

素晴らしい能力を手に入れたT氏だが、

会社には行くことにした。

長年の習慣だからである。






仕事も無事に終え、車での帰路の途中、

T氏の前に、車に乗った憎たらしい上司が居た。







「そうだ、上司が交通事故にあうように念じよう」











上司は死にT氏も死んだ。












解説





『車での帰路中の途中、T氏の前に車に乗った憎たらしい上司がいた』

とのことなので、T氏が上司の車に突っ込み

交通事故を起こしたのだろう。



ブレーキでも壊れていたのだろうか?



しかし、街中であればそこまでスピードも出ないはずなので、

二人が死ぬような事故になるだろうか…



もしかしたら、『最高の能力』を手に入れて

適当なことを試した後に最初に臨んだことが、

『上司に死んでもらうこと』

であった。



こんな人に能力を持たせてしまったら、

世界が壊滅してしまう可能性が出てきてしまうため、

神様がなかったことにしようとしてT氏も殺したのだろうか。