読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のブログ!?

興味のあること語ります

意味がわかると怖い話 待ち伏せ






『もしもし、今電話だいじょぶ? 』

「大丈夫だよ。どうしたの?」






彼女の抑えたような声を聞きながら、

俺は欠伸を噛み殺した。



『実は今、私、つけられてるみたいなんだ』

彼女の一言に、一気に眠気が吹き飛ぶ。



「えっ、本当?」

『うん、

駅からずっとついてきてるみたいなんだけど…』



「それってこないだ言ってたストーカーって奴?」



つい先日、彼女はストーカーの被害にあっている。

自分が出したゴミをあさる不審者を見たのだ。




『違うみたい。

この前の人は冴えないオジサンだったけど、

今ついてきてるのは若い人だから』





「そう…大丈夫?家の人に迎えにきてもらったら?」

『今夜は家に誰もいなくて…そうだ、ちょっと待って』





少しの間が空き、

一転してやけに大きな声で彼女が喋りだした。



『あ、迎えにきてくれるの?

帰るついでに?じゃあパトカーで来るの?』



俺は思わず吹き出しそうになるのを堪えた。

これだから彼女が好きなのだ。



『えー、普段は警察っぽくないんだから

たまにはそれっぽくしてよー…

はいはい、じゃあよろしくね』




彼女には確かに警察官のお兄さんがいる。

その兄が迎えにくると思わせようというのだろう。





『…やった!上手くいったわ。

ついてきてた人、途中でいなくなったみたい』

はしゃいだ声で彼女は言った。



おそらく、

たまたま途中まで同じ帰り道の人だったのだろうが。



「本当?まだ心配だな…

そっちに行って家まで送ろうか?」



『ううん、あと少しで着くから大丈夫よ。

心配かけてごめんね。じゃあまたね、ミカ』


彼女は電話を切った。

俺は右耳につけていたイヤホンを外す。



今夜、彼女はこの家に一人、

もうすぐこの道を通って帰ってくる。




冴えないオジサン、

なんて評価もきっと改めてもらえるだろう。





元ネタは蒼井上鷹さんの「4ページミステリー」
意味怖話が好きな人にお勧め