読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のブログ!?

興味のあること語ります

意味がわかると怖い話 星に願いを

少女は泣いていました。

いつも家族からイジメられ、辛いのです。

そんな時、

少女のところにお星さまが降り立ちました。
 
「なんでも一つ願いをかなえてあげよう」 

お星さまはいいました。  




「家族を消してちょうだい!

あんな家族、まっぴらよ!」 






次の日、少女が目を覚まして

一階へおりると、いつものようにおかあさんと 

おとうさんとおにいちゃんがいました。 






少女は後悔しました。 

その夜、再び

お星さまは少女の目の前にあらわれました。 




「気に入ってもらえたかな」




 
少女はいいました。
 
「昨日のおねがいをとりけしてちょうだい」 

お星さまはいいました。 






「一度かなえたおねがいはとりけせないよ」 




少女は泣きました。






解説

家族が消えてないってことは、

今同じ家に住む家族は、血の繋がりのない者であり、

どこかで生きてる本当の家族を消してしまった。