読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のブログ!?

興味のあること語ります

意味がわかると怖い話 サウナ

銭湯に行った。 

あがる前にサウナで一汗かくのが俺の日課だ。
 
俺が入って1分くらいで、男が1人入って来た。 

勝負だ。コイツが出るまで俺は出ない。 

これも日課だ。 

10分経過。

相手の男は軽く100キロはありそうなデブだった。 

15分経過。

滝のような汗を流してるくせに、

頑張るじゃないか、デブめ。 

18分経過。

ついにデブが動いた。

今にも倒れそうな程

フラフラになりながらサウナを出ていく。 

俺の勝ちだ!!

俺はサウナルームの真ん中でガッツポーズをとった。 










  
  
目を覚ますと俺は見慣れない部屋にいた。 

どこかで見たようなオッサンが覗きこんでくる。
 
番台にいたオッサンだ。オッサンは言った。 

「私が点検に行ったら君が倒れてたんだよ。
 
ドアにもたれかかるようにして失神していた」 

どうやら熱中症を起こしたらしい。 

少し頑張り過ぎたか。

オッサンはやれやれとばかりに 

「君を運ぶのはまったく骨が折れたよ。

今度からは気を付けてくれよ」 

俺はオッサンにお礼を言って帰った。

ビールでも飲んで寝るとしよう。



解説

途中で視点が変わる。

前半の「俺」と、後半の「俺」は別人 、
後半は前半に出てきたデブ 。

熱中症になったデブは、
サウナのドアにもたれかかるように
倒れていたところを発見され、 
番台のオッサンに運ばれて介抱された 。
つまり前半の「俺」は、サウナに閉じ込められたまま…